●コラム茶バックナンバー →メインページ戻る
001-010 011-020 021-030 031-040 041-050 051-060 061-070
071-080 081-090 091-100 101-110 111-120 121-130 131-140
141-150 151-160 161-170 171-180 181-190 191-200 201-210
211-220 221-230 231-240 241-250 251-260 261-270 271-280

<31-40>
●40
マシイッソヨ (99/07/12)

韓国へ行ってきた。

昨年食べ損なった「冷麺」を喰うことができた。本場はウマイ。「カルビ」も「ビビンパ」も喰った。
やはり,ウマイ。そして,辛い。

何といってもキムチ。食堂にいったら,どこでもキムチがでる。日本のたくあんみたいな感覚か。
なにはともあれキムチって感じだ。韓国ではキムチ嫌いは生きていけない。

でも,本当にみんなキムチを食うのか。小さい子供は食えるのか。赤ちゃんはどうなのか。
幼児用「星の王子様キムチ」なんてのがあるのかもしれない。ミルクはほんのり赤いキムチ味風味なんだろうか。

多分,現地人でもキムチがダメな人もいるはずだ。

ジョイナーの旦那みたいに,黒人でも歌がダメな人はいる。

きっと,みんながみんな,そうではない。

●39
うなぎ (99/07/08)

晩御飯はうなぎだった。
平賀源内の名コピー「土用の丑の日」(7月29日)にはまだ早いが喰った。

蒲焼きになったものを買ってきたのだが,それから推測するに,体長は50cm,太さ4cm程か。かなりデカイ。頭を落として開くと,馬 場の足みたいだ。みたいだ,といっても見たことはないが。

とにかく食べごたえがある。でもかなり大味。1/3喰ったところで,ヘキヘキしはじめた。

「でっ,いくらだった?」と聞くと,「500円」との返事。

思わず吐きそうになった。

あしたの韓国旅行に行けるだろうか,心配だ。

●38
これからのケイタイ (99/07/06)

携帯電話の「バイブレーション機能」は便利だ。
不愉快な着メロを聞かなくて済む。
みんなバイブにすべきだ。

かといって,バックの奥深くにしまいこんでいたら判らない。

それじゃぁ,いっそのこと自分の身体に振動を発生させたらどうか。
でも,それだけじゃ,アル中やおじいちゃんあたりは自分が震えちゃってるから,着信したのが判別しにくいかもしれない。

ならば,着信したら体が踊り出すってのはどうだ。

名づけて「着信ダンシング機能」。略して「着ダン」。
着メロみたいに曲を設定できる。そいつに合わせて体が勝手に踊り出すのだ。

いままで黙って本を読んでいたオヤジさんが突然ストリートダンサーに変身する。hip-hopを設定していたからだ。可憐な女子高生が 炭坑節を踊り出すわ,アウトサイダー少年がコサックダンスするわで大騒ぎ。

さぞや,通勤電車も楽しかろう。

●37
i- モード (99/07/02)

まったくその必要もないのに,この「こらむ 茶」をi-モードに対応させた。

タグの制限はあっても,思っていたより多く の情報を流せるみただし,もっと技術が成熟していけば結構使えそうだ。

でも,携帯電話からwebの登録・更新が簡 単にできるようになると,今以上にインターネット上のゴミがふえるんだろうね。

ゴミ本人が言ってるんで,間違いないでしょ う。

●36
課長救出作戦 (99/06/30)

昨日はよく雨が降った。

あまりの集中豪雨のため,排水機能がまひし て道路は川のようだった。
泳いで会社にたどり着いた,と言っても過言ではな いくらい。

始業直後にかかって来た電話は課長からで 「今渋滞にはまっている。遅れる」といったものだったが,1時間後の電話は「車が水につかって動かない。」に変わった。
どうやら会社まであと500mくらいのところで力 尽きたらしい。

直ちに会社のトラックを駆って救出に向かう ことになった。
こんな時は異常にワクワクする。台風や大雨が嬉しい小学生のノリだ。

現場に着くと,こともあろうに交差点のど真 ん中で立ち往生しているではないか。
関係ない見ず知らずのオジサンが,交通整理をかっ て出ていたのにもかかわらず,渋滞の原因になっている。こうでなくちゃ。こんな時は事が大きいほど面白いのだ。

でも,ちょうど小降りになったので,救出作 戦はあっけなく幕を閉じた。
(本当は豪雨の中,ずぶ濡れになりながら救出活動 を夢見たのに・・・)

結局,車内がプールのようになった課長の車 は動かない。

困り果てディーラーに電話する課長を尻目に 「このネタでコラムも1本書けるな」と,ほくそ笑む私。

やっぱり,ひとごとだからなー。

●35
通勤電車の人々1 (99/06/29)

いつも,無理矢理座るオジサンがいる。
顔はティム・ロビンスに似ている。

1. ティムは私が乗る次の駅から乗ってくる。

2. ティムは電車が駅に到着してドアが開くなり猛然とダッシュする。

3. ティムは僅かに空いている隙間に座り込む。

4. ティムはどんな隙間でもOK。自分の体の大きさなんておかまいなし。

5. ティムは座りこんだら,おもむろに新聞を広げて悠々とくつろぐ。

6. ティムはあたかもはじめから座っていたの如く平然としている。

だから,かえってまわりの人達が,文字どおり肩身の狭い思いを強いられる。
非常に不愉快だ。

私はこの傲慢な行動をいつか阻止しようと思っている。

いまに見ておれティム・・

●34
消費社会 (99/06/28)

激安家電量販店に行った。
「他店より1円でも高かったら,さらに20%引き」だそうだ。
確かに安いが,とんでもなく安いと感じるのは「本日の目玉商品」だけである。

それなりに客は多いのだが,それにもまして商品の多いこと。いったい誰が買うのだ。

店内外いっぱいに流れる,お店のイメージソング。いまや,量販店はもとよりホームセンターなんかでもよく流れている。
こいつは必ず耳に残る。ついつい口ずさんだりしてしまう。多分,こんな店の近くに住んでいて,九官鳥でも飼っていたら真っ先に覚えてしまうだろう。
そのうえ派手なキャッチPOP。クレジットOK。今なら金利なし。残り僅か。もう買うしかない。
こいつはヤバイ。確実にマインド・コントロール状態である。

「さー消費するぞ。消費するぞ。消費するぞ。力いっぱい消費するぞ」
私にはそう聞こえる・・・。


●33
習い事 (99/06/26)

まわりの人に言わせると,どうも私は口が悪いらしい。
口が悪いと言っても,歯槽膿漏ではない。
人に対する「口のきき方」の方だ。

そんな気は無いのだが,それで結構人を傷つけているらしい。自覚が無いから直らない。

英会話教室の前に「日本語の話し方教室」にでも行く必要があるようだ。
そうしたらチョットは上手に喋れるかもしれない。

ついでだから「日ペンの美子ちゃん」の通信講座も受けてみるか。

●32
セシウム君の事情 (99/06/25)

6月10日は「時の記念日」だった。
なにやら定義があって,「セシウム133原子の基底状態における2つの超微細準位間の遷移に対応する放射の 9,192,631,770 周期の継続時間とする。」が1秒と言う長さらしい。一度聞いただけじゃよくわからないし,非情にこむずかしい。

9,192,631,770と言う数値は中途半端じゃないか。10,000,000,000とかの方がキリがいいのに。

結局,初めは地球の自転1回分の1/86,400の長さを1秒としていたが,自然が行うこの周期に変動があるので,この長さに近い「絶 対に普遍的な固有振動」をもつセシウム君が選ばれただけらしい。

ただ,それだけ。決してセシウム君がえらい訳じゃない。

31
おいしいもの (99/06/23)

昨日偶然にイイ店を発見した。
値段もお手ごろだし,ネタもイイ寿司屋である。

火曜日は半額と言うことで前日に引き続き行って来た。やはりウマイ。やはり安い。

これじゃ今まで行っていた寿司屋はなんだったんだ。
目と鼻の先にあったこの店を知らなかった私が愚かなのか?
これが,店の営業努力の差ってやつか?

でも,いくらおいしくて安くっても年中だべる訳にもいかない。
案外ウマイものは「旨い」と言う感覚が急速に半減して,飽きるのが早いかもしれない。
以外にマズイ店になれてしまえば癖になるのかも。ましてや,ライバル心からチョットでも味が向上 したものなら・・。

うーん。

でも,どちらも回転寿司なんですけどね・

001-010 011-020 021-030 031-040 041-050 051-060 061-070
071-080 081-090 091-100 101-110 111-120 121-130 131-140
141-150 151-160 161-170 171-180 181-190 191-200 201-210
211-220 221-230 231-240 241-250 251-260 261-270 271-280
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー