●コラム茶バックナンバー →メインページ戻る
001-010 011-020 021-030 031-040 041-050 051-060 061-070
071-080 081-090 091-100 101-110 111-120 121-130 131-140
141-150 151-160 161-170 171-180 181-190 191-200 201-210
211-220 221-230 231-240 241-250 251-260 261-270 271-280

<151-160>
●160
目障り(2000/08/01)

髪は女の命なんだろうか。

今流行っている髪形はなんなのかも知らないが,みなさん似たような髪型をされている気がする。だた,これも女の子自体のカテゴリ別に色々違うようだ。趣味 の問題なんだろう。やはりヤンキー系とお嬢様系ではまったく異なる。

ただ,異常に前髪に気合を入れている点では同じなのかもしれない。よく飲み屋のおねーさんがやってらっしゃるが,前髪が一旦立ち上がり,見事に弧を描くよ うに眉のあたりまで降りてきているスタイルをみると,なんか知らんがスゴイと思ってしまう。こいつが結構強靭なのだ。風がふいても乱れない。いったいどう いう仕組みになっているのか。

スタイルは厄介だ。何が厄介なのかと言うと,後ろに座ってて非常に目障りになるのだ。

特に映画館で前の席に座られると非常に困る。つい先日の映画館での出来事。身長が低いから障害にならないだろうと思っていると,この立ち上がった前髪が少 しだけスクリーンにかかっている。

昔の古い映画を見てるが如く,画面の隅っこに髪の毛がヒョロヒョロと動いている。僅かだからこそ目障りである。

長い髪をシートの後ろに出している奴の場合は,ガムテープで座席に固定してやりたい衝動に駆られるが,この場合は思いっきりカールでも巻いてやろうかと 思ってしまう。

頭のデカイ奴もうっとうしいが,今後,前髪命のヘアスタイルをした女性が前に座った時は,席を変える位の意気込みで挑もうと思う。

当然アフロヘアも対象となる。そのまえにアフロは出入り禁止だとは思うが・・・。
●159
避暑地(2000/07/27)

お中元の時期である。

デパート各店はしのぎを削っての中元戦線真っ只中であるが,品揃えはどこも同じようなものだ。結局,消費者からすれば,その店のネームバリューに頼るとこ ろが大きいのかもしれない。正確に言えば,あれこれ悩むより,その店の「包み紙」の効力に期待しているってことなのだろう。

そんな安直な購買心理に私自身も乗っかって,有名デパートに足を運んだ訳だが,それはそれで結構良いものだったりする。

先ず,快適なのだ。店内の一角に中元専門コーナーが設けられているため,方々歩き廻ることなく品定めが出来る。ほどよく効いた冷房。それに,何と言っても 購買意欲があって行く訳だから,当然の如くサービスが良い。試食し放題である。ビールから,ハム,海鮮食品,珍味類まで,行く先々で差し出される。

また,発送手続きの順番待ちのブースがあったりして,ゆっくり椅子に腰掛けることも出来る。そこでも,麦茶や飴玉のサービスがあったりする。モニターには 環境ビデオなんかが映し出されていて,やはり快適なのだ。

されには,中元担当の女子社員も大勢いて目の保養もできたりしてしまう。

もう,一日中ここにいてもいい感じ。なんなら,試食をもう一回りするか,はたまた別のデパートの中元コーナーを廻ってもいいかもしれない。

だからと言って,購入する気も無く入り浸るのは健康ではない。

軽井沢や尾瀬のような,清々しい記憶になる訳もない。ましてや,絵日記になる筈もない。夏が終わり顧みた時,貴方はきっと空ろで遠い目をしてしまうに違い ない。

そんな,心にポッカリ穴を開けたい人向け,避暑地のご案内でした。
●158

羞恥心(2000/07/25)

ズボンをずり下げて歩いている若者を見かける。

もう腰で履いていると言うより,尻で履いているに近い。パンツなんか見えてしまっている。きっと,恥ずかしくもなんともないのだろう。

先日,温泉に行ったのだが,そこには珍しく金髪の兄ちゃんが入浴していた。耳には千切れんばかりのリング。鼻にはピアスが光っている。他の友達らしき3人 も似たようなものだ。

浴槽の中の彼らをふと見ると,しっかりタオルで股間を覆っているではないか。いや隠していると言った方が正しいだろう。ド派手は風貌と股間のタオル。この 取り合わせは滑稽である。

そんなに見られるのが恥ずかしいのか。装飾をしていない素の自分が露呈するのが恐いのだろうか。しかし,ここは風呂。裸で当然なのだ。そもそもタオルは浴 槽につけちゃいけないのである。

脱衣所でも一緒だった。彼らはここでも思わぬ行動に出た。タオルで腰を覆ってからパンツを履いているのだ。なんとも懐かしい履き方である。そう丁度小学生 当たりが水泳の時にやる方式である。そこまでやるか。別に見たかぁないが,そこまで隠したいか。

ここは海水浴場の浜辺でもなく,ましてや学童プールではなくて,風呂。温泉なのだ。

彼らは一体何が恥ずかしくて,何が恥ずかしくないと思っているのか。金髪の彼が履いている象さん柄のパンツはOKなのだろうか。他の3人のパンツも同じよ うなもので,これもきっとOKなのだろう。

そんな彼らも,御多分に漏れずズボンを尻で履く人種であったが,彼らにしてみれば,街中パンツ見せて歩くより,風呂で股間を見られるほうが恥ずかしい事だ と思っているのだろう。

もはや日本人の羞恥心と云う美徳は消えてしまった。

この勢いで,街中でパンツまでずり下げないことを祈るばかりである。
●157
くわがた (2000/07/19)

くわがたを貰ってきた。

オス1匹,メス1匹。大きさは4cm程度か。ごく普通のコクワガタであろう。実は数日前から貰う約束をしており,既に飼育ケースも用意してあるのだ。

近くの大型ディスカウントセンターならなんでも売っている。当たり前の如く飼育ケースが数種類置いてあり,専用のオガクズ,餌までもある。更に驚いた事 に,とまり木,枯れ葉,小枝などをパッケージした末場の飲み屋の名前風「小物セット」までも売られている。

まさに至れり尽くせり状態である。私が幼い頃は,飼育ケースなんて適当だったし,オガクズは近所の木工所から貰ってきたものだ。餌は当然スイカや砂糖水で あったし,その他の小物は近くの雑木林から調達していた。

市街地では,いつの頃からか,主役の昆虫までも店頭に並ぶようになった。今の子供達からすれば,カブトムシやクワガタムシがいる場所は「デパート」だと 思ってしまっても不思議じゃない。極端にいえば工場で作られていると思っているかもしれない。

なんて寂しいことだ。と,は思ったものの手にした飼育セットに記載してある「クワガタの育てかた」を読んで愕然とした。

スイカや砂糖水はダメ。オガクズは清潔なものを。時には除菌が必要。なんてことだ。今までの常識が覆されてしまった。今まで飼っていたやり方では「長生 き」どころか,クワガタにとっては地獄だったに違いない。

そんあ強迫観念に迫られ一揃え飼育セットを飼ってしまった私。

さっそく,準備万端のケースの中に離してやったが,当のクワガタ達は戸惑っているのか微動だにしない。

せっかくセッテングしたのだから,活発に動き回って欲しい。動け。ユリゲラーのように念じながら固唾を飲む私。クワガタムシの一挙手一投足に一喜一憂。

ついつい全自動洗濯機の全行程をつぶさに見てしまが如く,クワガタムシから目が離せなくなってしまった。

どうやら,こんな私にも,まだ少年の心が残っていたらしい。
●156
酸味 (2000/07/17)

食中毒騒ぎで,牛乳もパンも食えない。

パン食の人は,さぞ困っていることだろう。

また,このパンメーカーが製造していたカップデザートにも問題があったらしい。問題のデザートは「すっぱい」とのこと。

大抵,食品が腐るとすっぱくなるみたいだ。口に入れると直ぐに分かりそうなものだが,これは時と場合による。いつも食している物が普段と違って「すっぱ い」のなら直ぐに分かるが,初めて食べる物であれば判断は難しくなるのだ。

もう10年以上前になるが,私も「すっぱい」による食中毒になったことがある。

ある日,私は冷蔵庫にあった「魚肉ソーセージ」を食べた。一口食べたところで「うむぅ,少しすっぱい」。パッケージを見る。「new!鮭入りソーセージ」 とある。鮭か。なるほど,それでこのティスト。腹を空かしていたのも手伝って,構わず完食。

約4時間後,不意にある予兆が始まった。口中に広がるあのすっぱさ。脳裏に浮かぶ新製品シーセージ。しかし,引き返すことは出来ない。既に地獄門は開かれ ていたのだ。じわじわと迫る苦しみ。恐れを抱きながらも,賞味期限を確認する。そこには60日も前の日付が冷たく印字されていたのだった。鮭が裏目に出 た。

その後,予想を遥かに上回る,私史上最悪となる地獄を味わうことと相成った。

あの時,真っ先に賞味期限さえ確認しておけば。基本を忘れて,新製品のパッケージに目を奪われたばかりに。悔やまれる。

しかし,冷蔵庫を管理すべき母親にも問題があるのではないか。冷蔵庫させしっかり整理しておけば,こんなことには成らなかったのだ。

実は,未だに根に持ってたりする。

●155
陰謀 (2000/07/13)

薬のCMを見て思う。

よく,洗顔フォームのTVCMでは,毛穴から油分が流れだす場面を見せているが,画面の隅っこにモデル図と書いてある。鼻パックで,ごそりとれた,小鼻の 黒ずみ皮脂の場面でも見られることだ。

やはり生映像はマズイのだろうか。確かにあまり見たくも無い。

しかし,頭痛薬のCMは是非生映像で見たみたい。薬の成分が先回りして,痛みの成分が伝わるのをブロックしている場面だ。この到底信じられないようなこの システムの描写は簡単なCGで済ませてあるが,是非この目で見てみたい。2時間位のドラマ仕立てにでもしてくれたら最高である。

反面,モデル図とうたっているが,CGでもアニメーションでも,ましてや生映像でみたくもない物もある。

それは水虫菌の映像である。なぜだか,とても毒々しい,いかにも悪玉のデザイン。当然ながら善玉菌では決してない。

しかし,なにもあそこまで邪険にしなくても。そして当然のことながら薬のCMなので,彼らは次々と死滅するのだが,なにやら悲壮感さえ感じてしまう。

ひょっとしたら,実は結構プリティーな姿をしているのかも知れない。

本当にモデルさんみたいな菌(○○製薬所属)。それじゃ薬を買ってくれない。

製薬会社の陰謀なのか。
●154
改善要求(2000/07/10)

やたらとコンビニに行く。

一日に必ず一回はお世話になっている。多分,他にそんな頻度で赴く所なんてそうは無い。完全に生活の一部と化しているし,それは冷蔵庫を外付けで拡張した ような感じださえする。

色々な経営努力がなされ,商品特に食べ物の味は格段に向上している。某社のおにぎりの変化は特筆に値する。空気の含有率を増やしたらしいのだが,なかなか いける。従来はどことなく冷たくて,お米のウマサが死んでいたように思う。

ウマくなったのはいい。だだ,やはり依然価格の面では安いとはいえない。昼食用に買い込むと,外で食べるより割高になってしまうことがある。味と値段。そ の費用対効果。これ自体,各自の価値観に左右されるところであるが,私自身は「これなら余所で食べた方がよかった」なんて思ってしまう。

しかし,そんなコンビニ商品の中で,一目おいているものがある。それは「そば」である。各社でネーミングは違うのだが,大体において「小割け」といったス タイルをとっている。

これはウマイ。今風にいえばイケてるのだ。本物の蕎麦屋が聞けば怒られるかもしれない。本来なら麺のコシだとか,ツヤだとか喉越しだとか難癖つければキリ がないだろう。しかし,あの味,あの量,この価格。大満足で,私の「夏の定番」である。

絶賛を惜しまない小割けそば。だが,問題もある。浅葱が非常に入れにくい。猪口を分離するより,こちらをトレイで分離してほしいものだ。それに,卵焼きは いらない。なんだあれは。俄然改善してほしい点である。

しかし,そうした場合,また構成するパーツが増えてしまうではないか。今ですら,つゆ,かえし,きざみのり,胡麻,山葵,どれも個別パッケージである。そ のうえ,蕎麦猪口は分離型で,トレイへには過剰なプリント。完全な過剰包装である。

盛んに地球環境問題が唱えられているってのに,これでは逆行してしまう。本来なら,過剰包装を問題にすべきなのに,まず浅葱をどうにかしろとは我ながら情 けない。

本日二食続けて食ってしまったことを含め,反省点は多い。
●153
小市民 (2000/07/06)

もうすぐ夏休みがやってくる。

もう随分夏休みらしい長期的な休みをとったことがない。夏期休暇はあるが,とても夏休みとは言い難い。社会人だから当然かもしれない。

夏休みに関わらず,世間一般に一定期間休みが取れる時期になると,いつも思う事がある。

それは期間料金のことだ。旅館や交通運賃に設定されることが多い。通常の50%増しに平気でなってたりする。なぜだ。例えば,ある旅行のパンフレットの大 見出しに\19,800激安ツアーなんて書いてある。確かに安いなと思う。しかし,その下には極端に小さいフォントサイズで7/21〜8/31まで \35,000とある。その期間料金の間しか日程が組めない場合が多く,だまし討ちにあったような感は否め無い。

なせだ。確かに夏休み期間だから旅行の希望者は増えて込み合うだろう。でも,定員一杯に増えるってことは,旅行代理店からみてそのツアーなりの利益効率が 最大限になるはずである。裏を返せば結局,ホテルや航空機の利用率も上がって,コストは最低限になると言うことである。

なのになぜ,効率の悪い通常日の方が安いのか。競争率が高いので足元みてるんじゃないのか。我らを失意のどん底に突き落とすような期間料金設定は許せな い。逆であって良いはずである。

かと言って,平日に休暇を取って高い料金を払うのも不条理である。

そういった一抹の矛盾を感じながらも,打開策を何ら見出せず旅行に行きそびれてしまう私。

ひたすら,悲しいばかりの小市民である。
●152
磯辺揚げ(2000/07/04)

学校給食で好きだったのは「ちくわの磯辺揚げ」だった。

磯辺揚げフリークといっても過言では無いかもしれない。文字通りの磯の香り,子供ながらにそれは特別だったような気がする。当時,磯辺揚げが給食に出る と,それだけで何杯でも飯が食えたものだ。今は懐かしい思い出である。

最近,通勤時間帯が若干遅れている。で,いつもと違う電車に乗り込む訳だが,電車が違うと,乗っている人々が違うので面白かったりする。

満員電車。かなりの至近距離。対面の男女が話してる。男はスーツ。女は普段着。話の内容からすると,どうやら男は昨晩女の家に止まったらしい。今朝は,彼 氏の出勤の見送りみたいだ。見送りなのに同じ電車に乗り込んで,いつまでも玄関先みたいにイチャついている。ネクタイが曲がっているとか,昨夜の出来事で かなり盛り上がっている。

朝っぱらから,そんな具合の悪くなるような話なんか聴きたくも無い。ちょっと体勢を変える。目をつぶって,話し声を抹殺するしかない。暫くそうしている と,無の境地に突入する。心頭滅却すれば火もまた涼し。

が,嗅覚は生きていた。なにやら,懐かしい香り。そう,あの「ちくわの磯辺揚げ」の香り。漂うその香りは次第に強くなっていく。頭の中をあの頃の思い出と 共に,鮮明に浮かび上がる磯辺揚げ。

たまらず目を開ける。そこには,寄りかかりそうなオヤジの頭。

どうやら悩ましい香りの発信源は,その油切った頭にあるらしい。しかも朝っぱらから。懐かしさのあまり,求めてしまった私自身を恥じた。

人の甘いノスタルジアを奪った罪は大きい。悔しさのあまり,電車の揺れを利用して,オヤジに思いっきりアタックかましてやった。

いくら磯辺揚げ好きの私でも,オヤジの頭で飯を食えるほど,マニアックではないのだ。
●151
借金(2000/07/02)

970億円も払わせられるらしい。

そごうの債権放棄問題である。税金を使ってこの970億円を肩代わりするのだ。金融再生と銘打って,破綻した銀行の救済を続けてきた延長なのか。今まで も,今回もまた,ずさんな経営をしてきた,一部のバカ者経営者の責任を擦り付けられるのだ。

確かに銀行の倒産は色々な意味で痛い。百万歩譲って良しとしよう。しかし,今回はたかがデパートである。倒産すれば,約1万人の従業員,1万社の関係会社 が煽りをくらう。でも,それがどうした。

借金は作った本人が払うのが常識である。道徳の時間でさえ,当たり前過ぎて教えてもらってない程至極当然のことだ。我が国は資本主義社会である。その競争 原理の中では,やはり負ける者も出てくる。それをいちいち,みんなで救済して廻ったら元も子も無い。零細企業は生き残る為に必至なのだ。

そんな企業は潰してしまった方が今後の為だ。そして,きっちり経営者に責任を取ってもらうのが筋である。それでもなお,倒産したら困る人達で借金の肩代わ りをすべきである。

もし,今回どうしても救済するのであれば,それら人々の為に,肩代わり資金を低金利で融資するなどの方法をとるべきである。それも我々の承諾抜きには語れ ないのは当然だ。

私自身,そごうで買い物したこともない。

ましてや,連帯保証人になった覚えもないのだから。

001-010 011-020 021-030 031-040 041-050 051-060 061-070
071-080 081-090 091-100 101-110 111-120 121-130 131-140
141-150 151-160 161-170 171-180 181-190 191-200 201-210
211-220 221-230 231-240 241-250 251-260 261-270 271-280
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー